近い将来に視点をおくフリーエンジニア

フリーエンジニアを見ているととても将来性が高くて信頼できる人と、日々を生きるのに精一杯で将来が心配になる人とがいます。もともとな同じような技術や経験を持っていても、フリーランスを始めてこのような二方向に分かれて行ってしまうことも珍しいことではありません。
こういった分岐を生じさせているのは、適性の問題というよりはむしろ将来に対するモチベーションの持ち方による面が大きい傾向があります。

傾向の変化の激しいIT業界においては、フリーエンジニアは今持っているスキルだけで仕事を続けて行くのはしばしば困難です。そのため、一年から数年のスパンで考えて、自分が何を将来していたら良いのかということを常に考えて行く必要があります。
企業でエンジニアとして働いている場合にはそれを上層部が考えているため、あまり積極的に持たなくても構わない視点であり、フリーランスを行うからこそ必要になる視点です。そういった近い将来にあるべき姿を考え、そのためのキャリアを積んだり、技術習得を行ったり、人脈形成を行ったりする日々を過ごしている人が見た目にも活動的であり、将来性が高いフリーエンジニアとして台頭できるのです。

そういった視点が持てるようになると、より長いスパンでも将来像を考えることができます。仕事の獲得が難しくなる将来に備えたキャリアパスも考慮できるようになると、より視野が広く将来性高い人材として認識されるようになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です